オーストラリア留学とワーキングホリデーの準備マニュアル。
オーストラリア留学の準備マニュアルマニュアル2017年版

感覚的英語力自己判断テスト

感覚的英語力自己判断
推定レベル: 入門者段階

アドバイス

(推定される上記英語レベルと英語力上達に関する助言)


この推定レベルに至った方は英語力に関して「入門者段階」と推定できると思います。入門者段階とは英語に関する知識をほとんど持っていない状態を指しています。
英語学習の最初の段階として、はじめにアルファベットや基本的な単語、基本的文法などの英語の基礎となる知識を、現在ご自分の言語として習得されている日本語(母国語)の説明によって学習されることが近道と考えます。 英語の入門書や基礎の英語講座からはじめられることをおすすめします。がんばってください!

オーストラリア留学を目指す場合

この判断に至った方がオーストラリア留学を目指す場合は、留学前に上記のように日本語の解説による基礎的な英語知識を習得されることが大切だと思います。オーストラリアの語学学校では英語で英語を教えるダイレクトメソッド(直接教授法)による授業となるため、アルファベットや基礎的な単語、基礎的な文法の組み立てを知っておくことは非常に役に立ちます。また授業だけではなく、海外生活をする上でも基礎的な言葉を知っていることが重要です。
英語の基礎的知識(中学校1、2年で習う最初の知識)を得た上で留学を始めることをおすすめします。

小学生低学年以下の場合

もし入門者段階の方が小学生低学年以下の場合は、英語圏へ渡航して幼稚園や小学校低学年へ入学・編入する方法も考えられます。最初は言葉を理解できない辛い時間がありますが、音と視覚と周囲の環境から多くの情報を得て、大人よりもはるかに早いスピードで言語を習得する傾向が見られます。個人差がありますが、数ヶ月の内に幼稚園、小学校の生活と言葉に慣れる様子が見られます。しかし、実際に授業や生活で英語圏のネイティブと同等レベルになるにはさらに数年かかると考えた方がよいようです。オーストラリアの多くの小学校では海外からきた子供のための英語補習授業が行われています。
日本人の小学生在学者以下(12歳以下)の方が留学する場合は親と一緒に渡航することが大事です。またその場合、親が主たる留学者で子供はその扶養家族として留学する形が多くみられます。


↑感覚的英語力判断テストのトップへ戻る



ワーキングホリデーのためのスタートプラン
ワーキングホリデービザ申請完全取得マニュアル
感覚的英語力自己判断テスト


↑トップに戻る