オーストラリア留学とワーキングホリデーの準備マニュアル。
オーストラリア留学の準備マニュアルマニュアル2017年版

感覚的英語力自己判断テスト

感覚的英語力自己判断
推定レベル: 初級者の下級段階

アドバイス

(推定される上記英語レベルと英語力上達に関する助言)

この推定レベルに至った方は英語力に関して「初級者の下級段階」と推定できると思います。初級者の下級段階は英語の基礎的知識を習得している段階で、知っている単語が限られている状態にあります。不完全な単語や文法の知識を使って、最低限の意思表示ができる段階と言えます。
ただし、この推定レベルに判断された方でも、正確さを追求するあまりに実力よりも低い評価としてこのレベルに判断されている可能性があります。実際にはより高い実力があるかもしれません。また英語の基本的な要素である読む、書く、聞く、話すの4分野のバランスが崩れ、それぞれの要素に大きな差があるためにこのレベルに至る場合があります。
この段階ではなるべく多くの例文や単語の使い方に触れることが大切です。また同時に正確に理解することや基本的規則と不規則な表現についても覚えていく必要があるでしょう。
新しい知識が増えていくことを楽しみながら学習してください。
もし行き詰まりそうになったら、英語のネイティブの人と会話をしてみましょう。どんな短い会話や言葉でも、通じることを体験することが大切です。言葉は人と人をつなぐ道具です。気持ちが伝わる体験できっと学習する楽しみが増え、やる気がわいてきます。
がんばってくださいね!

オーストラリア留学を目指す場合

この推定レベルに至った方がオーストラリア留学を目指す場合は、語学学校ではLower Elementaryというレベルに入ると思われます。オーストラリアの語学学校の中にはこのレベルからスタートする学校があります。
留学前に基礎的な単語、基礎的な文法を習得しておくとその後の英語習得に非常に役に立ちます。また授業だけではなく、ホームステイ等の生活をする上でも生きて行くために必要な基本的な言葉を知っていることが重要です。
英語の基礎的知識(中学校1、2年で習う最初の知識)を復習して留学することをおすすめします。

上達までの期間

目標レベルをどこに設定するかによりますが、初級者レベルから上級レベルに到達するには、留学して英語環境の中で勉強をした場合で、およそ1年は必要でしょう。その1年も英語に触れる機会を積極的に作り、英語習得に努力しなければならないでしょう。個人差がありますが、おそらく1年後には海外の大学や専門カレッジへ入学できる英語レベルが身に付くと思われます。


↑感覚的英語力判断テストのトップへ戻る



ワーキングホリデーのためのスタートプラン
ワーキングホリデービザ申請完全取得マニュアル
感覚的英語力自己判断テスト


↑トップに戻る