オーストラリア留学とワーキングホリデーの準備マニュアル。
オーストラリア留学の準備マニュアルマニュアル2017年版

オーストラリアで進学を考える

留学カウンセラーオーストラリアの進学には英語力と最終学歴とその成績が判定基準になります。中でも多くの場合に重要なポイントとなるのは英語力です。英語力が入学基準に達しないために、専門学校や大学のコース開始日を半年延ばしたり、1年延ばすケースが目立ちます。また、英語力があれば幅広い進学先選択肢から希望の学校を選ぶことができます。そのため、もし目標が明確でない場合は、進学するかどうかを決めたり、進学先の学校を選ぶのは現地(オーストラリア)についてからが無難です。

オーストラリアの語学学校では、英語力が進学基準に近づいてきた学生を対象に進学先の説明会や指導をしています。進学に迷いがある場合は、語学学校に進学担当者がいますので、語学留学先で決める方法もあることを理解しておきましょう。 一方で、語学留学と進学をセットにする場合も多く見られます。自分の進路が決まっている場合には、英語コースと本科コースを一緒(パッケージと呼ばれます)にして学生ビザを申請したほうがメリットがあります。パッケージとした場合にはすべての留学期間の学生ビザが取得できますので、学生ビザの申請料は1度で済みます。学生ビザ取得にはかなり費用がかかりますのでこの節約はバカになりません。また進学が決まっている(合格している)ことで、目標へのブレがなくなり英語の勉強に集中できるメリットがあります。

さて、オーストラリアでの進学に必要な準備ですが、英文の最終学歴の卒業証明書と成績証明書が必要になります(日本の学校によってはこの2つの書類が一緒になっている場合もあります)。日本出発前にこの2つの書類を英文で出身校から取り寄せてください。発行までに数週間かかる場合がありますので、早めに準備するとよいでしょう。また申請には原本が必要で、進学する際に併願することも考えられますので、何部か余分に取得しておくことをおすすめします。

オーストラリアの進学先を考える場合は、下記のオーストラリアの教育システムと日本の教育制度の表を参考にして、どのレベル(修了証資格、準学士、学士、修士レベル等)のコースへ入るかを決めます。一般にオーストラリア各州の公立TAFEや専門学校は実践的な技術や知識を身につけるコースですので、職業に密接したコースが中心となり、大学や大学レベルは高度な専門知識や研究を目的とするアカデミックなコースとなります。それぞれの目的に合ったコース選びをしましょう。専門コースの種類は細分化されていて、数多くのコースが用意されていますので、ご希望に合ったコースがみつかるはずです。   英語力が入学基準に達していない場合は、語学学校の規定レベルに到達すると英語テスト免除で語学学校が提携する専門カレッジやTAFE、大学、大学院等に進学できます。

オーストラリアの教育制度

ワーキングホリデーのためのスタートプラン
ワーキングホリデービザ申請完全取得マニュアル
感覚的英語力自己判断テスト


↑トップに戻る