オーストラリア留学とワーキングホリデーの準備マニュアル。
オーストラリア留学の準備マニュアルマニュアル2017年版

オーストラリアの物価

オーストラリアの物価は都市によって若干違いがあります。 留学カウンセラー
留学の疑問の「生活費はどのくらい」の項目でもご案内しましたので、ご参照ください。
1オーストラリアドル=92円前後を推移している現在では日本と比較するとほぼ同じです。オーストラリアの消費税は10%ですが、通常表示価格に含まれており、比較表は消費税込みとしています。
概算で考えてみますと、1ヶ月の生活費は宿泊する滞在費や小遣いをすべて含めて日本円で15万円前後と言えるでしょう。切り詰めればもっと少なくすることができ、贅沢をすればきりがありません。

物価が安いことと、必要なものがそろうかどうかということはもちろん別になります。日本で手に入ったものが手に入らない、あるいは日本で売ってるものをそのまま手に入れたいとなれば、日本の価格よりも高い代金を払わなければならないでしょう。
例えば、日本の本を購入する場合、シドニーには紀伊国屋という本屋さんがありますが、日本の販売価格の2倍から3倍します。日本の食品も同じです。
「郷に入っては郷に従え」という言葉があるように、オーストラリアではオーストラリアの生活をすれば日本と同じ生活費で滞在することが可能といえます。   下記物価のサンプルはオーストラリアのシドニーのウールワースで買い物した際の価格で、日本の比較は某大手ネットスーパーです。2014年2月の価格比較で、為替レートはA$1=92円として計算しています。
品名 オーストラリアの価格
(スーパー)
日本の価格
(スーパー)
牛乳(1リットル) A$2.39 (約219円) 238円
卵(12個入り) A$3.44 (約316円) 268円
コカコーラ 1.25リットル A$3.00
(約276円)
1.5リットル 155円
飲料水 2リットル A$1.22 (約112円) 88円
インスタントコーヒー100g A$4,67 (約429円) 553円
米 2kg A$6.29 (約578円) 950円
食パン 日本の2倍のサイズ 
A$2.99 (約275円)
1斤6から8枚入り
75円
パスタ(スパゲティ)500g A$1.82 (約167円) 228円
牛肉 (ステーキ用200g) A$3.20 (約294円) 594円
たまねぎ 1kg A$1.85 (約170円) 3個 197円
レタス 1個 A$1.49 (約137円) 247円
ジャガイモ 1kg A$2.00 (約184円) 約700g 197円
トマト 1個 A$0.60 (約55円) 100円
シャンプー 500kg A$1.60
(約147円)
400g詰め替え用 388円
歯ブラシ A$2.14 (約196円) 75円
トイレットペーパー
(12本)
A$4.07 (約432円) 315円

上記の表の基本的生活必需品の価格差を見ると、ほぼ全般的に日本と比較して物価は同じといえます。食品の肉や野菜などの原材料はオーストラリアが安く、加工製品は日本が安いように見えます。
さらに、生活費の簡単な計算方法としては、宿泊と食事が付いているホームステイで考えましょう。都市によってホームステイ代には若干のばらつきがありますが、週250ドルから280ドルくらいです。月換算では1000ドルから1,120ドルくらいですので、日本円で月に9万円から10万円となります。シェアハウスなどで自炊したとしても一人一部屋の場合、食費も含めホームステイとほぼ同じか若干高めになるかもしれません。
このほかに小遣いや交通費、携帯電話費等を考えますと、月に15万円前後の費用がかかります。
学校の授業料が月15万円前後ですので、留学予算は月30万円くらいを考えておくとよいでしょう。(注意: 滞在都市や為替レートの変動で大きくかわります)

ワーキングホリデーのためのスタートプラン
ワーキングホリデービザ申請完全取得マニュアル
感覚的英語力自己判断テスト


↑トップに戻る