オーストラリア留学とワーキングホリデーの準備マニュアル。
オーストラリア留学の準備マニュアルマニュアル2017年版

留学カウンセラー資格とは

オーストラリア留学を留学代理店で相談する時に留学カウンセラーと呼ばれる人がいますが、その資格とはどのようなものかを考えてみたいと思います。
留学カウンセラーの資格は現在のところ法的な資格というものがありません。ですから誰でも留学カウンセラーを名乗れるといえるでしょう。しかし、留学に関する業務知識は量が多く、留学先となる国の幅広い知識も必要です。そのためオーストラリアでは教育省 (Department of Education, Employment and Workplace Relations = DEEWR)の政府機関であるAEI (Australian Education International)はAustrade(オーストラリアの貿易を促進する政府機関)と移民省 (Department of Immigration and Border Protection = DIBP) の協力で、留学代理店の質を高めるために公認資格を開発しています。

PIER公認留学カウンセラー資格

オーストラリア公認留学カウンセラー資格のトレーニングおよび試験を行っているのがPIER (Professional International Education Resources)という組織です。PIERのトレーニングを受け、試験で合格して資格を取得した場合にQEAC (Qualified Education Agent Counsellors)に登録されます。また合格者には登録番号が与えられます。このPIERの資格を取得したカウンセラーはオーストラリアの留学代理店業務で専門知識を持っていると言えます。この試験は英語ですのでオーストラリアの教育機関と留学手続きのやり取りができる英語力を持っているレベルとも言えるでしょう。またこの資格は世界共通で行われているので、他国の留学代理店のカウンセラーも同じ試験を受けています。

留学カウンセラーやアドバイザーは、留学を志す方の相談にのり、その方の将来をともに考え、判断基準となる情報を提供し、選択肢を紹介し、適切なアドバイスをすることが求められます。そのため経験と豊富な情報が必要になります。
留学カウンセラーは幅広い経験と知識が必要ですが、留学先となるすべての国に対応することは無理があります。例えば日本を考えてみてください。小学校から大学院まで膨大な数の学校があり、それぞれの学校に特長がありますし、専門コースも細分化されています。これらをしっかり案内できる日本の教育カウンセラーはどのくらい存在するでしょうか?
世界中の国々の留学をカウンセリングすることはほとんど不可能です。そのため、それぞれの留学カウンセラーが専門の留学先をカウンセリングするのが現実的と言えるでしょう。

尚、PIERの留学カウンセラーはオーストラリアを専門とした留学カウンセラー資格になります。

ワーキングホリデーのためのスタートプラン
ワーキングホリデービザ申請完全取得マニュアル
感覚的英語力自己判断テスト


↑トップに戻る