オーストラリア留学とワーキングホリデーの準備マニュアル。
オーストラリア留学の準備マニュアルマニュアル2017年版

オーストラリアのインターンシップとは

インターンシップはかなり昔からありますが、近年は就職前の経験、海外体験の一環、ギャップイヤーの過ごし方、そしてグローバル人材育成のひとつの方法として海外でのインターンシップを体験する方が増えています。また、留学で新しい分野を勉強した場合の次のステップとしても利用されています。
留学カウンセラーインターンシップとは、企業や団体で研修を行うことです。インターンシップは本来、企業・団体側が未経験または経験の浅い研修者に対し指導を行い、監督管理(スーパーバイズ)しながら実践的な経験を積んでもらい、将来その分野で活躍できる人材を育成することを目的としています。そして、その分野は多岐にわたり、ほとんどすべての業種でインターンシップが行われていると言えるでしょう。

さて、オーストラリアでのインターンシップですが、外国企業での研修となりますので英語力が必須となります。例え留学生や海外からの研修生であったとしても、インターンシップは実際に活動している企業や団体の一員として働くわけですから、言葉が理解できなかったり、スタッフやお客様とのコミュニケーションに問題が発生するような場合はインターンシップを継続することができません。
通常、英語力はかなり高度なレベルが要求されます。多くのインターンシッププログラムは英語レベルの基準をUpper Intermediate(中級の上レベル)あるいはAdvanced(上級)レベルとしています。特に会話に重点がおかれています。ですから、インターンシップを希望する場合には英語力を十分につけた上で望むことが大切です。
英語力に不安がある場合には現地の英語コースをとる必要があるでしょう。例え英語テストでのスコアが高く、英語に自信があるとしても、実際の海外生活での英語や環境に慣れる準備期間として、インターンシップ前に英語コースを少なくとも1、2ヵ月間受講することをおすすめします。

オーストラリアのインターンシッププログラムは語学学校がコースの一部として行っているケースと、インターンシップ手配会社が行っている場合があります。

インターンシッププログラムに参加する際、次のような状況の可能性を認識しておく必要があります。
前提として、有給のインターンシップ手配の場合は、仕事手配の意味合いが強く、アルバイトと考えて働くことが重要です。また無給の場合でも、指示待ちではなく、責任を持ちながら積極的に仕事を学ぶ姿勢と仕事をこなすことが大事になるでしょう。

1.希望する仕事内容通りのことができるとは限らないこと。
2.インターンシップでは重要な仕事を任せられる可能性は低いこと。
3.派遣先によってはコピー取りや電話受け等の雑用に終始する可能性があること。
4.監督管理するスタッフが常時付いているとは限らないこと。
5.きちんと仕事を教えてくれない場合があること。
6.他の従業員と全く同じ扱いをされ、スタッフとして組み込まれる場合があること。
7.インターンシップ先の手配には手配料がかかること。
8.就業状況によっては途中で仕事をやめさせられる場合もあること。

これらを理解して取り組んでいくことが求められるでしょう。研修先において様々な体験ができたり、一人前の扱いをされた場合は、その機会を積極的に利用して自分の経験にしていくことを考えましょう。
また、インターンシップがその企業や関連する企業への就職のチャンスとなる場合もあります。企業のスタッフは見ていないようで、よく見ていますので、優れた人材であれば次々とチャンスを与え、将来的に海外就職の道が巡ってくる場合があります。


ワーキングホリデーのためのスタートプラン
ワーキングホリデービザ申請完全取得マニュアル
感覚的英語力自己判断テスト


↑トップに戻る