オーストラリア留学とワーキングホリデーの準備マニュアル。
オーストラリア留学の準備マニュアルマニュアル2017年版

オーストラリア留学でわかりづらい費用とは

オーストラリアに限らず留学費用の内容がよく見えないと言われることがあります。確かにインターネットで調べてみてもいくら料金がかかるのかわからないケースが多くあります。問い合わせをしなければわからない状態になっていると言えるでしょう。
基本的にわかりづらい費用部分は、留学カウンセラーいろいろな費用やケースがあるためにうまく伝えられない状態になっていることだと思います。また留学代理店の立場からはいろいろな費用がかかるので実際に個々のケースに合わせて話しをしなければ伝えられないので表示できないとも言えます。

基本として必要な費用は期間に応じて明確ですが、注意をしたいのは、大学や専門学校に申請する際の手数料やキャンセル料です。これは学校が請求する申請料と留学代理店が手続き料として請求するものがあります。大学等への留学では、まず入学願書を出して、留学先の審査を経て入学許可をもらわなければなりません。ひとつの願書を準備するには証明書などの書類やレターを揃える作業で、大変時間がかかります。万が一合格できなかった場合に備え、複数の学校へ願書を提出する場合が多いと思います。そのため留学代理店では手続き料を請求することが一般的です。そして、大学側でも審査の作業のために申請料を取っています。さらに合格しますと入学手続きを進めることになります。
また、キャンセルについては申し込みの段階では考えないケースがほとんどと思いますが、病気、事故、ケガ、家族の状況によってキャンセルしなければならない場合があります。キャンセルした場合に、それぞれの学校が独自にキャンセルのルールを持っていますので、そのルールに従ってキャンセル料が発生します。学校とは別に留学代理店がキャンセル料を請求する場合もあります。
これらのキャンセル料はキャンセルした日が重要になります。留学予定日からさかのぼって、何日前からキャンセル料が発生するか注意が必要です。
また、既に手続きや代行作業が進んでいたり、完了してしまった場合には、多くの場合で費用の一部は返金されません。

上記のようなわかりづらい部分の費用規定は留学代理店選びの際に確認し、不明確な部分に説明を求めて、納得した上で利用することが大切だと思います。

ワーキングホリデーのためのスタートプラン
ワーキングホリデービザ申請完全取得マニュアル
感覚的英語力自己判断テスト


↑トップに戻る