オーストラリア留学とワーキングホリデーの準備マニュアル。
オーストラリア留学の準備マニュアルマニュアル2017年版

アルバイトの実情

オーストラリアでは海外から来た学生やワーキングホリデーの方がたくさん働いています。留学カウンセラーオフィス、ホテル、レストラン、リゾート、旅行会社、旅行ガイド、農場、工場など様々な場所で求人があります。経済状況に左右されることもありますが、概ね求人は多くあり、選ばなければ何らかの仕事につくことが可能です。

<技術を活かす>
もし、あなたが日本で仕事経験があり、それによって特別な知識や技術を習得しているとしたら、是非その分野で仕事を見つけることができるでしょう。オーストラリアは世界中から技術者を求めているのです。きっとチャンスがあるはずです。

<職種を選ばない>
求人にはたくさんの方が応募しますので、常に競争状態です。競争の相手は日本人だけではありません。オーストラリアは多くの国とワーキングホリデーの相互協定を結んでいます。そのため多くの若者がオーストラリアで過ごし、アルバイトを探しています。
求人が多くて常時人手不足な分野はウェイターやウェイトレス、キッチンハンドなどのレストランの仕事です。日本食レストランをはじめ、たくさんのレストランがあります。職種を選ばずにどんどん挑戦されることをおすすめします。

<労働条件は最初に>
働く際には労働条件をきちんと確認しておきましょう。働き始めてから文句をいうことは失礼です。納得した上で開始し、納得した以上は予定通り最後までやり通しましょう。

<給与はどの程度か>
オーストラリアでは最低賃金が決まっています。職種によって違いますので、ここで詳細を説明することはできませんが、平均でみると時給15オーストラリアドル前後と考えておきましょう。現地でのアルバイトは生活費を稼ぐくらいと思っていたほうがよいでしょう。旅行費用や貯金までは難しいかもしれません。

本来、ワーキングホリデーのアルバイトは滞在の費用を賄う補助的な手段です。アルバイトに明け暮れてワーキングホリデーの目的を見失わないように気をつけましょう。

ワーキングホリデーのためのスタートプラン
ワーキングホリデービザ申請完全取得マニュアル
感覚的英語力自己判断テスト


↑トップに戻る